人生・ご(GO)縁!㈱えん・安藤さん ~転職10社のキャリアで出会い・刺激を受けた方々<12>~

今回より3回(多分・・・)は、今までご紹介させていただいたアーティストや経営者の方々とは少し趣きが異なるかと思われる、自身で会社・事業を興しがんばっている3人の若手(比較的・・・)起業家を紹介させて頂きます。

出会った順番に紹介をさせて頂くと、1人目はぼくのブログのタイトル”ご縁”を実践、自社の社名にまでしている男・株式会社・えんの代表取締役社長・安藤貴久さんです。彼との出会いは2001年お互いMTVジャパンに在籍していた頃にさかのぼります。当時彼はかなりガタイがよく(デカク)髪型もどこか井上陽水風で、視覚的に直ぐに印象に残るような男でした(一時期随分スリムになったんですが今年2月か3月に会ったときはちょっと戻ってましたけど・・・)。安藤さんはその後MTVを離れ、7回目に紹介させて頂いた現在オリコンエンタテイメントの西山さんと共に音楽配信会社・ビートリップの運営に携わり、その後ビートリップの親会社スペースシャワーTVに戻り営業の一線で活躍した後、確か3年程前に自身の会社・えんを立上げ、今に至っていると思います。

安藤さんはぼくより3,4歳程若かったか、と思いますが、安藤さんのことを思い出し直ぐに想起させられるキーワード、”見習うこと多いな”と思わされたのは”紹介””マメさ”です。先に紹介させて頂いた西山さんもそうですし、非常に親しくまたお世話になっているスペースシャワーの山田さん、また安藤さんとはよくライブやイベント・パーティ会場で会うことも多かったんですが、その際にもよくその場のお知合いを全員と言っていい程紹介をしてもらいました。

人脈・ネットワーキング。これは本当に財産で強みだと思います。今回このようなブログを書こうと思った主な動機はタイミング的に1つ、振り返る時期かな、というスピリチュアルな感じとあらためてぼくのような男が今まで紆余曲折ありながらもなんとかやってこれたのは、本当にいろいろなタイプの人たちとのある面”不可思議な出会い”、”こういうのをご縁っていうのかなぁ”と思い返させるような場面が多々あった、と思ったからです。出会いのパターンはいろいろあるかと思いますが、その後も関係性が何らかの形でも続くような出会い・ご縁は人を介した、特にセンス・価値観が同じような知人から紹介される出会いに多いように思われます。

”人生を変えたければ周りの5人を変えろ!”とある著書に書いてありましたが、センス・価値観・インテリジェンス、もしくは人生・仕事への想いや志のようなものがどこか合う・共有感覚える人たちとの出会いは本当にエキサイティングですし、そのような出会いの”和”が拡大すると共に1つの事業・1つのプロジェクト・ひいては1つの文化を生み・形作られていくのか、と思います。安藤さんもそこまで大上段に、またもちろんぼくも日々の出会いや別れの中にいつもこんなマクロな視点はないですけど、”この人とあの人がコラボれば面白いかなぁ”とか、こんなネットワークで何かおもしろいことできないかなぁ、などは日々考えているほうかなぁ、と思います。

最後に、安藤さんはその出会いを一過性ではなくネットワーキングにつなげていくフォローを非常にマメにする男です。飲み会の翌日もしくはその晩のサンキューメール、これは対したものでいつも感心させられます(たまにくどいときもありますけど(笑)・・・)。 この習慣はEMIミュージックで仲間だった清水さんからも、大変マメに人を気遣うという点で影響・感心させられました。

次回はぼくがAOL時代に出会った”元気者”、現在㈱プレハブという会社の代表取締役社長・三枝明大さんについてコメントしたい、と想ってます。

株式会社えん・オフィシャルサイト;http://www.go-en.jp/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。